読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クラウド時代と<クール革命>(角川 歴彦 片方 善治)」の感想

f:id:taizin:20170306114929j:plain

本書は角川のCEOが書いた本です。クラウド電子書籍、アニメといったオタク文化まで触れています。

一番興味深いのは、YouTubeニコニコ動画などの動画サイトで、無断でアップロードされた角川の作品は消さなかったことについて述べているところです。

当時、動画サイトでは角川の作品の2次創作であるMAD動画は消されず、とくに「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」は人気動画でした。キングレコードアニプレックスはすぐに削除されるのに、なぜ角川だけは消さないのが不思議でした。

本書によると2次創作のMADは「YouYube版コミケ」として認め、それを有効活動して、広告収入を得ようとしたそうです。かなり大胆な選択です。確かに2次創作から知ったという人々はたくさんいそうですけど、実際に売り上げに繋がるかどうかはわかりません。

角川がこうやって先に出たわけですが、他社がどう出るか見たいです。今のアニメ業界はDVDなどの二次利用の売り上げが回収の目的になっているので、テレビに頼らずネットで最新話を配信するようになってきています。これからもこのような戦略が増えてきそうです。