読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「電子書籍の衝撃(佐々木俊尚)」の感想

f:id:taizin:20170305212810j:plain

電子書籍の衝撃」(佐々木俊尚)の感想と電子書籍に対しての意見です。

この本は発売前から出るのが楽しみでずっと待ってました。 電子書籍はまだ日本ではそんなに浸透はないですが、これからAmazonAppleの介入で本格的に参入されようとしています。 本書ではそのAmazonAppleのことや音楽界で起きた前例、今後に起こりうることの予想が書かれています。

まず本書は音楽の本かと思うぐらい音楽界に詳しく述べています。音楽界はAppleを始め、すでにネット販売が成立しているので、音楽が前例になるということです。AppleiTunesで成功している前例があるので、同じ手を使って出版界に参入していますし、amazonAppleのビジネスモデルを真似しようとしています。それにamazonは今は広めるために安売りをしている様です。amazonは長い間、先行投資を続けて成功した会社なので、おそらく電子書籍も長期間を視野にいれるかもしれません。そうなるとamazon(Kindle)とapple(iPad,iPhone)の競争が激しくなりそうです。

音楽と違うところはCDだろうがダウンロードした音源だろうが、最終的なデバイスはスピーカやヘッドホン、イヤホンで玄人でなければほとんど音に対しては差はありませんでした。しかし、電子書籍は紙から映像へとデバイスそのものが代わってしまいます。そこが音楽に遅れた理由なのでしょうが、kindleiPadでどうなるのか楽しみです。電子書籍が人々に受け入れるにはここがカギです。自分は当然ながらこの2つの端末を見たこともないですし使ったこともないので、使い勝手はどうなのかは分からないです。だから、こう述べるしかないです。実際に使ってみたら、使い勝手がよくて衝撃となるのか、それともあまりにもダメなもので酷評となるのかはまだ分かりません。

電子書籍が手軽に携帯電話で読めるようになれば、ケータイ小説世代を取り込めるチャンスです。本書ではケータイ小説は独特の文化があると述べています。しかし、ケータイ小説は全く文章スタイルが違うし、活字としても新しいジャンルです。この世代はツールは知ってるけど、文章の文化が違うので、まき込めるかが謎です。それにケータイ小説はタダで読ませて、後に本にしたりする「FREE」戦略です。いずれ電子書籍もFREE戦略という名のコスト戦争になりそうですね。ケータイ小説世代にとってはコンテンツはタダが当然ですから。

iTunesなどの音楽ダウンロードではアルバム1曲から買えます。著者は書籍の細分化は起きずらいと述べてますが、自分は電子書籍も各章ごとに販売になったり、量が短くなったりする気がします。ケータイ小説も短いですし、書き上がりしだい少しずつアップするスタイルなので、ビジネスである限りだんだん書籍の文化が変わりそうな気がします。著者も自己啓発本があふれている現在の文化を批判していますし、ケータイ小説世代は長くて硬い文章を好まないでしょう。

出版のスタイルが変わるにつれて、売り方も変わるとしてます。ソーシャルメディアでのコミュニケーションツールを使って書き手と交流することで、書き手自体をパッケージ化していく売り方を説明しています。実際、自分はこの著者の佐々木俊尚さんの本はずっと読んできてますし、この本が出ることを知ったのは佐々木さんのTwitterでのコメントでした。まさに本書の通りで購入してしまいました。この売り方は書籍や音楽だけでなく全ての商品に当てはまるでしょう。

最後にまとめですが、電子出版はまだ黎明期なので今度どうなるか楽しみです。既存の出版界はまだ猶予があるので新しいビジネスに対しての決断をしてもらいたいです。当然、すきを見せればamazonappleに一瞬で抜かれてしまいます。音楽界ではソニーやavaxがネットに進出してても一瞬でiTunesに抜かれてしまいましたからね。

この書籍も電子版が出ていますが、電子版が売れれば一番の衝撃となるでしょう。

広告を非表示にする