読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2011年新聞・テレビ消滅(佐々木 俊尚)」の感想

f:id:taizin:20170305211603j:plain

「2011年新聞・テレビ消滅(佐々木 俊尚)」を読みました。 これもブックオフで買いました。佐々木俊尚さんの本はけっこう読んでます。

内容:文藝春秋公式より

アメリカで起きたことは必ず日本でも起きる。編集・編成権に支えられたマスコミのビジネスモデルが危機を迎えた。ジャーナリズムはなくなるのか? 世論形成は誰が行うのか?

マスメディアは衰退していることを新聞とテレビに例にとらえて、 ウェブという新しいプラットフォームとの関係性を述べています。

マスの時代は供給者が一方的でも選択肢が少なかったから成立が出来たんでしょうね。 でも今は選択が増えってしまったから、「マスメディア=世間」は成立しなくなってしまったわけです。 おかげで2ちゃんねるや個人のブログなどのウェブ上しか情報を集めないサイトや、アフィリエイトレベルの個人の小さな情報屋が出てきました。

そして、マスメディアはそういった輩と同じ土俵で競争しなくてはならなくなってしまいました。 まぁ、これも一つの社会現象でしょう。

それから、本書の「紙かネットかは問題ない」には同感です。 ツールが代わると有利・不利が出てしまうのは以前から疑問でした。 いまだにいい形で新しいプラットフォームを利用したビジネスモデルが築けてないですからね。

また、本書では新聞記者の「新聞はどんなニュースを読むべきかという情報選択能力は持っておらず、どの記事を読むべきか教えている」という発言を2度も引用して否定しています。

しかし、すでに何の情報が欲しいのか決まっているなら検索するなりでき、 問題ないですが、一般人など普通の人間はとくに決まっていない場合が多く、 さらにロングテールが進み、たくさんの情報があると、どこから情報を採っていいのか分からないです。 だから、だからこの記者の発言は正しいと思います。 結局はヤフーのトップでも見出しという形が現れていますし、こういうのは必要です。 mixiでもトップに出ないと日記に書かれませんからね。

また、ウェブ版のR25はヤフーに併合され、記事数が増えてしまった結果、読みづらくなってしまいました。 でも、紙版の方は月2回になってしまいましたが、昔ながらの記事数なので読みやすいです。

本書でもR25は徹底的なマーケティングリサーチだと評してましたが、 どうやら崩れてしまったようです。

2011年新聞・テレビ消滅
出版社: 文藝春秋
発売日: 2009/07/21

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)