「勝間さん、努力で幸せになれますか(勝間和代・香山リカ)」の感想

f:id:taizin:20170305210801j:plain

勝間和代香山リカの対談本「勝間さん、努力で幸せになれますか」を読んでみました。 香山さんの前著「しがみつかない生き方」を読んで興味があったので、買ってみました。

自分は勝間さんの本は読んでことがないので、 勝間さんのことや、新興宗教になっている「カツマー」についてはそんなにわかりません。 ただ、最近の本やテレビを見ていれば、すごい人だということは少し耳に入ってはきています。

勝間本を読んでいればもっと深く読み解くことが出来たかも知れません。 そのなかでも分かったことは、勝間さんは本などで努力を推奨する人で、 香山さんは身の丈をあった生活を推奨するということでしょう。

普段、図書館やブックオフで本を調達する自分が、何かを期待して新品を買ってみたのですが、 そもそも2人は主張するものが正反対なので、答えなんてあるはずがありません。 内容については省略しますが、すこしモヤモヤ感が残りますね。

読んでみた結論として、自分は自分の考えというものをしっかり持とうと思います。 自分らしい生き方を作れないから、他人を気にしたり、 自己啓発本とかに頼るようになってしまうのではないでしょうか。

別に自己啓発本が悪いということではなく、メリットとデメリットをしっかり判断して、解釈やアウトプットの面を工夫すべきだと思います。

勝間さんは本書で「勝間和代そのものを目指すと、あまり幸福になれない」とおっしゃっています。

また、勝間さんが150円のワッフルを食べて幸せとおっしゃっていったので、 少し安心しました。

タイトル: 勝間さん、努力で幸せになれますか 出版社: 朝日新聞出版 発行日: 2010/1/8

勝間さん、努力で幸せになれますか

勝間さん、努力で幸せになれますか