千葉ロッテマリーンズの応援歌が素晴らしかったので各選手とチャンステーマをまとめました

千葉ロッテマリーンズの応援歌が素晴らしかったので各選手とチャンステーマをまとめました プロ野球もクライマックスシリーズが終わりましたが、 なんとなく野球に興味を持ったのでYouTubeで野球の応援歌を観ていたら、 ロッテの応援がとても楽しそうでした…

コミュ障にありがちな自分で全て抱えてしまう人

コミュ障にありがちな自分で全て抱えてしまう人 僕はコミュ障なので、他人のコミュニケーション能力を見たりして良い点・悪い点を参考にしています。 僕らの業界は特に自分を含めプログラマやデザイナーに内気な人が多いです。 声が小さかったり、 まともに…

iPhoneのブラウザでアニラジを聴いたあとはウィンドウを閉じないと、あとで勝手に再生される

先日、会社でとても恥ずかしいことを経験したので、 これを後世に残さないために共有します。 何が起こったのか 僕が会社でiPhoneをいじっていたら、 突然「ちょっちまっちwwwちゅうがくせいwwww」と 「七森中☆ごらく部」の「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」が…

DeNAパレットのキュレーションサイトのURL一覧

グーグルで見つけられないので、 DeNAパレット運営しているキュレーションサイトのURLをまとめました。 MERY(メリー) テーマ:ファッション http://mery.jp/ https://www.facebook.com/MERY.info https://twitter.com/mery_news CAFY(カフィ) テーマ:食べ物…

中小企業の人材のレベルの低さでありがちな点と対策

どの中小企業も人手不足(物理的に人が足りない)、や人材不足(能力が足りてない)の課題があります。 社内や取引先を見ていて私が感じた「中小企業人材あるあるネタ」みたいなものを書いてみました。 と言うよりグチです。 学習能力がない 会社で決めた方…

無能なのに意識高い系の厄介な先輩の話

意識高い系の厄介な先輩と資料作成の仕事を一緒にしたことを紹介します。 言う事は立派でみんなに泥をかぶせる 意識高い系の厄介な先輩の発言は立派です。まるで評論家のように夢を語ります。社長は体育会系なので夢を語る人間は好きなので彼を評価します。 …

就活生は「上場するする詐欺」に気をつけよう

就活生は「上場するする詐欺」に気をつけよう 私が就職活動をしていたときはネット系のベンチャー企業に興味があり、 会社説明会に行ったりしていました。 こぞってどの企業も言うのが「○年後上場しますと」と上場(IPO)を目指す企業もたくさんありました。 …

ネットオフに本を売ったら買取価格は1,520円だった

昔に無駄に買いすぎたビジネス書とか新書とか、 もう読まないのでネットオフに売りました。 ネットで申し込んで、ヤマトが取りに来てくれるので、 かなり手軽にできました。 これがネットオフの買取に売った本たちです。 買取の手順 1.ネットオフのフォーム…

若者が3年で早期退職する理由

もう10年ぐらい前に出版された「若者はなぜ3年で辞めるのか?」という本を読みました。 私自身、3年で会社を辞め、その在籍中でもたくさんの若者が早期退職をするのを多数見てきたので、とても気になりました。 本書で若者が早期退職する理由で以下が気にな…

「炎上マーケティング」が有効的な3つの理由

最近のWEB媒体は炎上マーケティングがほんとに多いです。 そんな事を思っていたら、こんな記事を発見したんで。 ●パニックをあおって、PVを稼ぎまくる方法(BLOGOS) news.livedoor.com その前に「炎上マーケティング」とはブログやSNSなどで「炎上」させて…

「キュレーションの時代」(佐々木俊尚)の感想

2月に読んだので大分うろ覚えです。ただ、記号消費の衰退から書かれていて、とても面白い本なので感想を書いてみます。しかも、すごく長い文章になってしまいました。 キュレーションとは何か まず「キュレーション」という言葉の定義が本書の1ページ目にあ…

ネットとテレビで受けるネタは違う

最近のニコニコ生放送の公式番組が増えてきてますね。アニメ本編やタレント・芸人を起用したり、ニコニコ動画内で人気のあるユーザーまでもが出ています。 最近の僕はあまりユーザー生放送や「歌ってみた」のカテゴリーには興味ないです。なので、ちょっとニ…

2011年大卒の就職率が過去最低だった事について

www.nikkei.com 大学を今春卒業した就職希望者のうち4月1日現在で就職した人の割合が91.1%になり、前年同時期を0.7ポイント下回ったことが24日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県分は除いた暫定値…

「iPhone vs. アンドロイド」(夏野剛)の感想

夏野さん曰くアップルが作った他社のコンテンツを巻き込んだビジネスモデルは、iモードと似ているそうです。 ドコモがメーカーとコンテンツプロバイダを主導してプラットフォームを作ったように、アップルも音楽や電子書籍などのコンテンツプロバイダを巻き…

水嶋ヒロのアマゾンのレビューの件で思ったこと

なんか水嶋ヒロのアマゾンのレビューが話題なので思ったことを書いてみます。僕はちょっとレビューや評価、クチコミなどに敏感なバイトをしているので。 こういうのは見慣れてるせいかこれが普通に感じます。だからといって工作までして全てポジティブな書き…

「クラウド時代と<クール革命>(角川 歴彦 片方 善治)」の感想

本書は角川のCEOが書いた本です。クラウド、電子書籍、アニメといったオタク文化まで触れています。 一番興味深いのは、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで、無断でアップロードされた角川の作品は消さなかったことについて述べているところです。 当…

今後のテレビと動画サイトとEコマースへの希望

■ASCII.jp:ドワンゴ・夏野剛氏が語る「未来のテレビ」|動画サイトってどうなの? 儲かるの? ・前編 http://ascii.jp/elem/000/000/535/535111/ ascii.jp ・後編 http://ascii.jp/elem/000/000/535/535112/ ascii.jp さすが夏野さん。 今後の動画コンテン…

「スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか」(村松 尚登)の感想

スペインが優勝したので、思わず買ってしまいました。 前半はスペイン代表とバルセロナについて、後半は子供の育成についてでした。 どうやら今のスペイン代表が完成するには時間がかかったようです。06年のW杯は今の主力が若くてまだ完成せず、その後2年後…

「USTREAM 世界を変えるネット生中継」の感想

今回は新品で買いました。 USTREAMの本です。 内容は著者がユーストリームで体験したことや、使い方や配信方法などでした。 僕がユーストリームを知ったのはたしか去年の秋ぐらいだと思います。でも、よく見るようになったのは最近のことです。 時間が立つた…

「ジャパンクールと情報革命(奥野卓司)」の感想

「ジャパンクールと情報革命(奥野卓司)」の感想です。 これもブックオフで買いました。 本書では日本のアニメなどのジャパンクールの状況を解説しています。 今、日本で起きている動画サイトや同人誌などの二次創作の文化は平安時代からあって、それが一つの…

「ネット帝国主義と日本の敗北(岸 博幸)」の感想

これまたブックオフで。 タイトルの日本の敗北とはGoogleやTwitterなどのウェブコンテンツがアメリカ製のものに支配されていることを指しています。でも国産コンテンツがないのは別に悪いことではないと思いますし、ネットだからこそ簡単にできることだと思…

「日本サッカーが世界で勝てない本当の理由」と「考えよ!」の感想

「日本サッカーが世界で勝てない本当の理由」と「考えよ!」という本を読みました。 どちらとも日本が勝てない理由として、日本の教育や社会に問題があるとしています。 責任を恐れてリスクを取らず横パスをしてしまうということを指摘しているところが共通…

「任天堂 “驚き”を生む方程式(井上 理)」と「日銀を知れば経済がわかる(池上 彰)」の感想

この2冊もブックオフで買いました。 「任天堂 “驚き”を生む方程式」 井上 理 分厚いので読むのに時間がかかりました。 内容はDSとwiiの秘話やトップの岩田氏と宮本氏のこと、任天堂の哲学などです。 一番最初に『娯楽に徹せよ。独創的であれ。』と書いてあ…

「iPhoneとツイッターで会社は儲かる(山本 敏行)」の感想

気になるタイトルだったのでブックオフで買いました。 本書はTwitterで社内のコミュニケーションを深め、積極的ににクラウドを使う会社の紹介です。 まず、著者はTwitterが流行った理由はiPhoneの普及だったと述べています。たしかにTwitterを見てみるとiPho…

「電子書籍の衝撃(佐々木俊尚)」の感想

「電子書籍の衝撃」(佐々木俊尚)の感想と電子書籍に対しての意見です。 この本は発売前から出るのが楽しみでずっと待ってました。 電子書籍はまだ日本ではそんなに浸透はないですが、これからAmazonやAppleの介入で本格的に参入されようとしています。 本…

「近頃の若者はなぜダメなのか(原田曜平)」の感想

若者は「ダメ」ではない まずタイトルに「ダメ」とありますが、ぜんぜんダメではないです。ひとつの社会現象をまとめただけであって、どこにもダメとは書いていません。 自分も若者はダメだとは思わないし、もしダメだと思う人がいるならば理由を論理的に説…

「一生折れない自信のつくり方(青木仁志)」の感想

「一生折れない自信のつくり方(青木仁志)」を読みました 買ってよかったです。自分は何もせずに、すごく小さくてくだらないことに悩んでいたことを実感させられました。 内容を引用させていただきます。 自身がない人は成功・突破の体験をあまり体験しておら…

「iPhoneをつくった会社」、「iPodをつくった男」(大谷和利)の感想

「iPhoneをつくった会社」と「iPodをつくった男」(共に大谷和利)を読みました。 読んでみると、アップルはスティーブ・ジョブズのワンマン経営の様に思えます。 カリスマ経営者なんでしょうね。ただ、カリスマと言ってかけ離れている存在として思うのではな…

KindleやiPadで電子出版について、黒船襲来だとさ。

■出版界に“黒船襲来” KindleやiPad、日本上陸へ(ITmedia) http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/24/news040.html 既存の出版社はうまいこと電子出版に乗れないかな? だって、出版社はそれなりにいいコンテンツを持っているし、 それを電子出版に移…

「twitter社会論(津田大介)」の感想

「Twitter社会論(津田大介)」を読みました。 1か月前にブックオフで買いましたが、放置していで最近読みました。 内容はTwitterが流行した理由や著者の活用術、Twitterで起きている現象です。 既存メディアとの関係についても述べていまして、ネット時代のジ…